IT企業の会社設立時でも融資を受けることは可能です!

多くの起業家の皆様は、 問い合わせbn.png

「実績がないので貸してくれるところはないだろう・・」
「まだ資金には余裕があるから、融資は資金が足りなくなってから・・」

と考えている方が多いようです。

しかし、会社を設立して1期以上経過してしまうと、「決算」という形で会社の経営実績が出てしまい、融資の客観的な判断材料とされてしまいます。

もちろん、ちゃんと利益が出ていればいいのですが、創業時には投資がかさみ売上は不安定なことが多いのではないでしょうか。

その点、創業時(会社設立時)であれば、実績が何もありませんので、融資の審査も実績以外の材料で判断されることになります。

創業時の融資先として頼られることの多い日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)は、政府が100%出資する、いわゆる政府系金融機関であり、無担保・無保証人でも借りられる「新創業融資制度」なども用意することから、国の起業を支援する政策を反映しています。

もちろん一定の要件を満たし、審査を通る必要がありますが、まだ実績のない創業者に対してでも融資を受けられるケースは多いです。

また、もう一つ重要なことが「実績」を作っておく
ということです。


創業時の実績とは、多少操業当初は資金に余裕があったとしても、あえて融資を受け、それを遅滞なく返済しておくことが金融機関への「実績」になります。その実績が金融機関からの「信頼」となり、起業から1年、2年経過し、いざ資金が必要という時に役立つのです。

以上のように、会社設立時に融資を受けることが資金調達以外の面でもメリットが多いかがご理解いただけたかと思います。

yushi.png



IT企業のための資金調達 詳しくはこちら!


IT会社設立サポートセンターへのお問い合わせはこちら!

contactbn.png

suit_woman_laugh.png

サービス一覧

事務所案内

スタッフ紹介

お客様の声

アクセス

トップページへ戻る

当サイト を お気に入りに追加する

0120-719-177│無料相談 お客様の声
 0120-719-177│フリーダイヤルのご案内地図

対応できます!東京都全域・23区(中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、 葛飾区、 江戸川区)、埼玉県、千葉県、神奈川県

BLOG フェイスブックFACEBOOK